スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.25反原発抗議行動@関電本店前☆18時半〜20時!!

【1月25日 関西電力本店前抗議】

日時:1月25日(金)
時間:18:30-20:00
場所:<大阪>関西電力本店前・南側通用門
大阪府‎ 大阪市北区中之島3丁目6−16
地図 は こちら

呼びかけ:TwitNoNukes大阪 有志一同

1.25 関西電力本店前抗議にご賛同の方は、次のボタンをクリックして、情報を拡散して下さい!!
↓↓↓





1月25日(金)18時30分から20時まで関西電力本店前で原発の再稼働に反対する抗議行動を行います。
☆同日同時刻、東京・首相官邸前をはじめ、全国各地で抗議が行われる予定です!☆

今回から、TNN大阪の抗議行動の決行時刻を、これまでより30分遅らせ、18時半から20時までとしました。
わずかな差ですが、ずらすことで少しでも、これまで参加したくてもできなかった方々を迎え入れることができたらという考えです。早い時間からしか無理なの…という皆様には誠に申し訳ありませんが、この場所で抗議を継続できるのが近隣との関係を考慮して抗議時間を1時間半に限定してきたことも大きいのです。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

是非、多くの皆様のご参加をお願いします!

<この抗議行動の情報を拡散する為に、緊急拡散ツイートキャンペーンに皆様のご協力をお願いします!>

★今後も引き続き大人数で集まって真摯に抗議し続けるために、
次の事項についてご理解とご協力をお願い致します★


旗やのぼり、プラカード等に関しては、別途ガイドラインをご覧いただき、ご理解・ご協力をお願い致します。
 → http://twitnonukesosaka.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
※ 関電ビル付近にはマンションや店舗があり、抗議時間帯が夕食の時間に重なることに配慮し、抗議行動は18時半から20時までのきっかり1時間半で終了します。どうかご了承ください。周りの方々も含め大多数の市民の意思を脱原発へと収斂することによってのみ、脱原発は実現へと向かうと私達は考えています。
※ 抗議を行う場所は、関電ビルの敷地内の歩道で、その横は高速道路への連絡通路となっているため車が頻繁に通ります。車道側の路側帯に立つと抗議に参加される以外の通行者が車道にはみ出すこととなり危険ですので、できるだけ一段上の歩道(関電敷地内)に上がって抗議にご参加ください。
安全確保のため、TwitNoNukes大阪有志の呼びかけによる抗議行動では、次の図「関電周辺図+抗議ブロック図」に黄線で示すように公道側に通路を作り、歩道上には人がすれ違える程度の通路を確保するよう誘導させていただきますので、抗議にご参加の方はこちらを行き来するよう、ご協力下さい。みんなでみんなの安全を守りましょう!
 ↓↓↓
http://blog-imgs-56.fc2.com/t/w/i/twitnonukesosaka/_3.jpg

また、抗議にご参加の皆さんには、できるだけ均一に各エリアに分散してご参加いただきたく考えております。
お子様の安全確保のため、ファミリーゾーンを設けたく考えております。(ファミリーゾーンの位置は適宜変更する可能性がありますので、スタッフにお問い合わせ下さい)
関西電力本社ビルから出てこられる方々は、全員が関電グループの従業員ではなく、抗議者と同じくそれぞれ一人の市民でもあります。罵声を浴びせるのではなく、抗議に加わり共に声をあげるよう促し、できれば一緒に闘おう!と声をかけませんか?
※ 2012年6月から、参加者によるスピーチを挟まず、ひたすら「再稼働反対、原発いらない、いますぐ廃炉」などのコールを肉声中心で繰り返す形を採っています。
ジャンベなど大きな太鼓の音も、ビルに反響してしまい、周辺からは騒音とみなされてしまうので、控えていただいています。 しかし!コールにリズムは大切なので、小さな太鼓やマラカスやシェイカー、カスタネットなど、遠くへ響きすぎないリズム楽器をご持参くだされば幸いです。
※ 天候が不安定になり、いきなり雨になることがあります。他の参加者との接触したり、視界が遮られて事故につながる危険がありますので、できるだけ、抗議中は雨合羽やレインウェアをご着用下さい。
☆寒くなってきています。暖かい服装でお越し下さい。☆
体調に不安を感じたら、いつでも離脱して下さってかまいません!みなさんの健康が何より大事です!


ご要望があれば終了間際に、拡声器を用いた告知の時間をとりますので、7時頃までに、誘導灯を持っているか、「STAFF」腕章をつけたスタッフにお声かけ下さい。希望者が多い場合には先着順または告知内容をスタッフが伺い、手短かにスタッフから告知することとさせていただきます。(場所の制約上、7時40分までには解散したく考えております)
 告知に際しては、次の事項について、ご理解・ご協力をお願いいたします。
 1.一人あたり 「30秒から1分以内」 でお願いします。(時間に関しては公平性の視点から厳格に運用させて頂きます)
 2.反原発・脱原発に関係のないテーマでの告知はご遠慮ください。
 3.上記に沿わない内容であると判断した場合、中断をお願いすることもあります。あらかじめご了承ください。

*********************************
<呼びかけ文>
5月5日の泊原発の停止から続いた「原発ゼロ」は7月1日の大飯原発3号機の再稼働により56日間で終わりました。しかしそれは「原発は危なすぎるばかりで実は全く必要なかった」ことを露呈させるには十分でした。
野田政権は世論の8割に達する原発反対の声を無視し、一部の者の利益のために大飯原発3、4号機の再稼動を決定しましたが、福島第一原発事故の教訓も取り入れない出鱈目で拙速なプロセスで進められ、関西電力自身が打ち出した安全対策すらいまだに不完全なままです。

12月16日に行われた衆議院議員選挙では、現行の選挙制度と、投票率の低さ、そして民主党政権に対する失望に助けられ、原発を推進してきた自民党が圧勝しました。しかし、国民の7割以上が原発は不要と考えていることは事実であり、彼らも、わずか2割の得票で7割の議席を得たことは認識しています。決してこの選挙結果が、国民が原発維持・推進を容認したわけではありません。
自民党政権下で2013年が始まりましたが、私たちが全く諦めていないことを、関西電力をはじめ原子力村に住み続けようとする勢力に対して突きつけましょう!

2012年は、日本の近代史上でも稀に見る規模で、活動家でも何でもない市民が独自に政府・電力会社といったエスタブリッシュメントに対して抗議の声を上げ続け、数ヶ月に渡る原発稼働ゼロをも実現した、歴史に残る年でした。
既に潮流は生まれ、徐々に、確実に強さを増しています。しかし、まだまだ足りません。
「原発の存在を許さない」と意思表示をする市民が社会の大多数にならなければ、目の前の脅威は消滅への兆候すら見えないのです。これから、まだこの行動に加わっていない多くの人々を招き入れ、具体的な政治行動にまで繋がる動きを草の根で作っていきましょう。
しぶとく、冷徹に、熱さをたぎらせながら、抗議し続けましょう。
そして、共に、未来をつくりましょう!

******************************
1.25 原発に反対する関電本店前抗議行動にご賛同の方は、次のボタンをクリックして、情報を拡散して下さい!!
↓↓↓

スポンサーサイト

【1月11日 反原発抗議行動@大阪・関西電力本店前】

【1月11日 関西電力本店前抗議】

日時:1月11日(金)
時間:18:00-19:30
場所:<大阪>関西電力本店前・南側通用門
大阪府‎ 大阪市北区中之島3丁目6−16
地図 は こちら

呼びかけ:TwitNoNukes大阪 有志一同

1.11 関西電力本店前抗議にご賛同の方は、次のボタンをクリックして、情報を拡散して下さい!!
↓↓↓





1月11日(金)18時から19時半過ぎまで関西電力本店前で原発の再稼働に反対する抗議行動を行います。
同日同時刻、東京・首相官邸前をはじめ、全国各地で抗議が行われる予定です!
是非、多くの皆様のご参加をお願いします!

<この抗議行動の情報を拡散する為に、緊急拡散ツイートキャンペーンに皆様のご協力をお願いします!>

★今後も引き続き大人数で集まって真摯に抗議し続けるために、
次の事項についてご理解とご協力をお願い致します★


旗やのぼり、プラカード等に関しては、別途ガイドラインをご覧いただき、ご理解・ご協力をお願い致します。
 → http://twitnonukesosaka.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
※ 関電ビル付近にはマンションや店舗があり、抗議時間帯が夕食の時間に重なることに配慮し、抗議行動は19時半を目処に終了します。どうかご了承ください。周りの方々も含め大多数の市民の意思を脱原発へと収斂することによってのみ、脱原発は実現へと向かうでしょう。
※ 抗議を行う場所は、関電ビルの敷地内の歩道で、その横は高速道路への連絡通路となっているため車が頻繁に通ります。車道側の路側帯に立つと抗議に参加される以外の通行者が車道にはみ出すこととなり危険ですので、できるだけ一段上の歩道(関電敷地内)に上がって抗議にご参加ください。
安全確保のため、TwitNoNukes大阪有志の呼びかけによる抗議行動では、次の図「関電周辺図+抗議ブロック図」に黄線で示すように公道側に通路を作り、歩道上には人がすれ違える程度の通路を確保するよう誘導させていただきますので、抗議にご参加の方はこちらを行き来するよう、ご協力下さい。みんなでみんなの安全を守りましょう!
 ↓↓↓
http://blog-imgs-56.fc2.com/t/w/i/twitnonukesosaka/_3.jpg

また、抗議にご参加の皆さんには、できるだけ均一に各エリアに分散してご参加いただきたく考えております。
お子様の安全確保のため、ファミリーゾーンを設けたく考えております。(ファミリーゾーンの位置は適宜変更する可能性がありますので、スタッフにお問い合わせ下さい)
関西電力本社ビルから出てこられる方々は、全員が関電グループの従業員ではなく、抗議者と同じくそれぞれ一人の市民でもあります。罵声を浴びせるのではなく、抗議に加わり共に声をあげるよう促し、できれば一緒に闘おう!と声をかけませんか?
※ 2012年6月から、参加者によるスピーチを挟まず、ひたすら「再稼働反対、原発いらない、いますぐ廃炉」などのコールを肉声中心で繰り返す形を採っています。
ジャンベなど大きな太鼓の音も、ビルに反響してしまい、周辺からは騒音とみなされてしまうので、控えていただいています。 しかし!コールにリズムは大切なので、小さな太鼓やマラカスやシェイカー、カスタネットなど、遠くへ響きすぎないリズム楽器をご持参くだされば幸いです。
※ 天候が不安定になり、いきなり雨になることがあります。他の参加者との接触したり、視界が遮られて事故につながる危険がありますので、できるだけ、抗議中は雨合羽やレインウェアをご着用下さい。
☆寒くなってきています。暖かい服装でお越し下さい。☆
体調に不安を感じたら、いつでも離脱して下さってかまいません!みなさんの健康が何より大事です!


ご要望があれば終了間際に、拡声器を用いた告知の時間をとりますので、7時頃までに、誘導灯を持っているか、「STAFF」腕章をつけたスタッフにお声かけ下さい。希望者が多い場合には先着順または告知内容をスタッフが伺い、手短かにスタッフから告知することとさせていただきます。(場所の制約上、7時40分までには解散したく考えております)
 告知に際しては、次の事項について、ご理解・ご協力をお願いいたします。
 1.一人あたり 「30秒から1分以内」 でお願いします。(時間に関しては公平性の視点から厳格に運用させて頂きます)
 2.反原発・脱原発に関係のないテーマでの告知はご遠慮ください。
 3.上記に沿わない内容であると判断した場合、中断をお願いすることもあります。あらかじめご了承ください。

*********************************
<呼びかけ文>
5月5日の泊原発の停止から続いた「原発ゼロ」は7月1日の大飯原発3号機の再稼働により56日間で終わりました。しかしそれは「原発は危なすぎるばかりで実は全く必要なかった」ことを露呈させるには十分でした。
野田政権は世論の8割に達する原発反対の声を無視し、一部の者の利益のために大飯原発3、4号機の再稼動を決定しましたが、福島第一原発事故の教訓も取り入れない出鱈目で拙速なプロセスで進められ、関西電力自身が打ち出した安全対策すらいまだに不完全なままです。

12月16日に行われた衆議院議員選挙では、現行の選挙制度と、投票率の低さ、そして民主党政権に対する失望に助けられ、原発を推進してきた自民党が圧勝しました。しかし、国民の7割以上が原発は不要と考えていることは事実であり、彼らも、わずか2割の得票で7割の議席を得たことは認識しています。決してこの選挙結果が、国民が原発維持・推進を容認したわけではありません。
自民党政権下で2013年が始まりましたが、私たちが全く諦めていないことを、関西電力をはじめ原子力村に住み続けようとする勢力に対して突きつけましょう!

2012年は、日本の近代史上でも稀に見る規模で、活動家でも何でもない市民が独自に政府・電力会社といったエスタブリッシュメントに対して抗議の声を上げ続け、数ヶ月に渡る原発稼働ゼロをも実現した、歴史に残る年でした。
既に潮流は生まれ、徐々に、確実に強さを増しています。しかし、まだまだ足りません。
「原発の存在を許さない」と意思表示をする市民が社会の大多数にならなければ、目の前の脅威は消滅への兆候すら見えないのです。これから、まだこの行動に加わっていない多くの人々を招き入れ、具体的な政治行動にまで繋がる動きを草の根で作っていきましょう。
しぶとく、冷徹に、熱さをたぎらせながら、抗議し続けましょう。
そして、共に、未来をつくりましょう!

******************************
1.11 原発に反対する関電本店前抗議行動にご賛同の方は、次のボタンをクリックして、情報を拡散して下さい!!
↓↓↓

振り返りと今後について(1月の関電本店前抗議は11日と25日)

☆2013年1月 Twit No Nukes大阪が呼びかける関西電力本店前抗議は、11日(金)と25日(金)です☆

       謹  賀  新  年

 私たちTwit No Nukes大阪有志一同は、2012年3月下旬からほぼ毎週、関西電力本店の南門側で原発に反対する抗議行動を呼びかけ続けてきました。また、街頭デモを企画し、他の団体が企画するデモに参加もしてきました。
戦後史においても稀な、10ヶ月に渡る連続した数十万人による大規模な抗議行動は、実際に参加されあるいは情報拡散など様々な形で参画された方々、そして、夏頃から全国で共に闘ってこられた多くの人々との協同作業でした。
 皆さん、ほんとうに、お疲れ様でした!! 
 ありがとうございました!

 5月5日に泊原発が停止してから7月5日の大飯原発の再稼動(発送電開始)まで、日本で発送電する原子力発電所はゼロとなりました。そして現在も、日本全国で稼動しているのは大飯原発3,4号の2基だけで、その発電総量は、日本全国で見れば必要性を疑わざるをえない小ささです。
 また、委員人事の不透明な選考過程を糾弾されるなかで誕生した原子力規制委員会も、原発の安全性の根幹に関わる活断層の調査を厳密に進め始めています。独立性を強固にしつつ内部に原子力村の人間を送り込むことが、原発推進勢力の最大限の抵抗だったのでしょうが、規制基準を厳格かつ明確にし科学者がこの運用を徹底すれば地震の巣である日本での原発存続は不可能であることは彼らの最大の誤算だったのではないでしょうか。

 12月16日の衆議院選挙の結果は、一見、脱原発派の敗北といえるものでした。しかし、選挙戦では、安全保障や経済問題といったテーマと並んで、脱原発が重要な争点として浮上しました。そして、勝利した原発推進派の自民党は日本国民のわずか2割の支持しか受けていません。わずか2割の得票で7割の議席を占めるという民主国家と呼べないほどに欠陥をもった選挙制度のおかげで自分たちが勝てたことは彼らも認識しています。

 このような現在の状況は、全国で、抗議行動やデモに参加されあるいは情報拡散等に協力された方々全員の怒りの声と行動が、政府に甚大なプレッシャーを与え続けてきたことによって実現しました。このことは、誇りをもってしっかりと認識しておくべきことと考えます。そして、現行の選挙制度を通じて国を動かす可能性に限界がある以上は、私たち一人一人が、引き続き声を上げ続け、また草の根で横のつながりを拡げ、1人でも多くの人が理不尽に対して毅然と声を上げ、政府や官僚の不当な決定に対し直接的な圧力をかけていく、あるいは脱原発につながる動きをするようであればこれを後押しするという状況を、これからも維持・拡大させていかなければなりません。

 もしかすると、自民党・公明党の連立政権下では、民主党をしのぐ無理矢理な論理で原発の再稼動あるいは新設が強行されるかもしれません。しかし、一つ一つの局面で一喜一憂するのではなく、どこからどう考えても原発は不要であり自分たちの生存のためには廃止する以外にはないのだということを、ひたすら、しぶとく、広く世間に問いかけ、徐々に包囲網を拡げ、圧を強め、事態を打開していくしかありません。
小さな成果を積み重ね、未来を拓こうではありませんか。

 2012年12月から、私たちは関電本店前の抗議を隔週開催としました。1月、2月もこの方針を継続する予定です。
 これは、継続的に関電本店前抗議に参加されてきた皆さんに、それぞれの金曜の夜を大事にしてほしいという思いからです。やはり金曜夜に相応しいのは、職場の同僚や、友人、家族で暖かい夕食と語らいの時間を持つことです。寒い季節に大勢で囲む鍋は格別で、話も弾むでしょう。そうした身近な人として当たり前な交流の場を大切にしていただき、何か新しい波紋となるような問いかけを発していただくこともまた、これからの原発をゼロにしていくための運動にとっては極めて重要になっていくと考えます。そうしてこそ、よりいっそう、新しい人々が私達の活動に興味をもち、参画してくれる可能性が高まるのではないでしょうか。

 本年も、皆さんと共に、今後につなげ拡大していくためにどうすればよいのか考えながら、健やかにしぶとく闘っていきたいと願っています。

 2013年が皆さんにとって良い一年となりますように。

 Twit No Nukes大阪 有志一同

☆2013年1月 Twit No Nukes大阪が呼びかける関西電力本店前抗議は、11日(金)と25日(金)です☆
@TwitNoNukesOsk
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。