スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.15 緊急!原発再稼動許すな!関電本社前&首相官邸前抗議!



日程:6月15日(金)
時間:18:00-20:00
場所:関電本社前
大阪府‎ 大阪市北区中之島3丁目6−16
地図 → http://www1.kepco.co.jp/office/honten.htm

6/15 関電本社前、首相官邸前での原発再稼働に反対する抗議行動にご賛同の方は、次のボタンをクリックして、情報を拡散して下さい!!
↓↓↓




ツイート文:【金曜夜!緊急大拡散!】 #大飯原発再稼働迫る ! 6/15(金)18時〜大阪・関電本社前、東京・首相官邸前で野田政権と関電に対し原発反対を訴える抗議行動を行います!ご参集&拡散にご協力を! #再稼働反対 → http://twitnonukesosaka.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

日本が地震リスクに常にさらされている中、いったん暴走し始めたらコントロールできなくなる原発と核燃料・使用済み核燃料をそのままにすることは、第二の福島事故をやらかす危険性を温存することを意味し、結果として、市民の生命・財産を危機にさらすことです。
一刻も早く核燃料を抜いて使用済み核燃料とともにできるだけ安全な場所に移し、原発を廃炉に向かわせねばなりません。ましてや、原発の再稼働など言語道断です。

けれども、4月6日、野田首相、枝野経産相、細野原発担当相、藤村官房長官らによる関係閣僚会合で、大飯原発の再稼働に必要な暫定的な安全基準が正式に決定。そしてついに4月13日の閣僚会合で、大飯原発について再稼働の必要性があるという結論がまとめられ、枝野経産相が福井県庁を訪れ、大飯原発の再稼働を要請しました。

当初、西川知事やおおい町の時岡町長らは、住民の不安を考慮して再稼働には消極的でした。おおい町民に対しての地元説明会でも、拙速な再稼働に対して地元住民から疑問が噴出していました。
しかし、おおい町議会は5月14日、全員協議会を開き、再稼働を容認する方向で意見をまとめてしまいました。
町民から慎重な意見が相次いだ地元説明会についても「主催は町なので、議会に寄せられた意見ではない」として、意見を参考までに留め、地元住民の意見を無視してしまいました。

そして、6月8日、野田首相が記者会見で再稼働の必要性を訴える「儀式」を行い、西川知事や時岡町長はこの記者会見を評価。来週にも、福井県の原子力安全専門委員会が大飯原発3,4号機を「安全」とした政府判断を追認し、報告書を西川知事に提出。
このままいけば、西川知事は県議会と時岡町長の判断を聞き、再稼動に同意してしまいます。
その流れを受けて、早ければ来週中にも、政府は再稼動について最終判断を下してしまいます。
今、大飯原発の再稼動阻止を巡る情勢はまさに瀬戸際です。

311の福島第一原発の事故以来、全国的に大きな盛り上がりを見せた反原発運動や、再稼働反対の世論が圧倒的になってきたこと、さらに次の国政選挙を見据えた橋下大阪市長率いる「維新の会」が、再稼働問題を政局化させたことにより、定期検査入りで次々と停止した原発の再稼働の目処は立たず、5月5日には国内で稼働中の原発はついに0基となりました。
原発全基停止から1ヵ月が経過した今、依然として福島第一原発の事故の収束もままならないまま、世論の大多数が反対している大飯原発の拙速な再稼働がついに進められようとしています。
6月27日は関西電力の株主総会が予定されていますが、既に大阪市等の一部株主が提案している脱原発を進める議案について、関西電力はことごとく反対の立場を明確にしています。

今こそ、西に住む私たち一人一人が声を上げましょう!!

野田政権および関西電力をはじめとする原発の維持・推進を図る勢力に対し、多くの人々の原発反対・再稼働反対と、可及的速やかな廃炉を要求する声を伝えるため、6月15日(金)18時から20時まで関西電力本社ビル前で抗議行動を行います。
同日同時刻、東京・首相官邸前でも抗議が行われる予定です!

是非、多くの皆様のご参加をお願いします!
また、この抗議行動の情報を拡散する為に、緊急拡散ツイートキャンペーンに皆様のご協力をお願いします!

なお、今後も引き続き大人数で集まって真摯に抗議し続けるために、次の事項についてご理解とご協力をお願いいたします。

※反原発・脱原発に関係のない特定の政治団体や政治的テーマに関する旗やのぼり、プラカード等はなるべくご遠慮ください。
※関西電力本社ビル前は高層マンション等があることに配慮し、拡声器を用いた抗議は19時半までとし、その後は肉声での抗議となります。ご了承ください。また、場合によっては、スピーチなしでひたすら抗議することがあるかもしれません。その際はご容赦下さい。
※抗議を行う場所では歩道を塞ぐことのないよう配慮をお願いいたします。また、細い道ながら車が頻繁に通るため、車道側の路側帯に立つと抗議以外の通行者が車道にはみ出すこととなり危険ですので、できるだけ歩道に上がって抗議にご参加ください。
※関西電力本社ビルから出てこられる方々は、全員が関電の社員ではないし、抗議者と同じくそれぞれ一人の市民でもあるので、罵声を浴びせるのではなく、抗議に加わり共に声をあげるよう促し、誘いこむように声をかけましょう。(個人への攻撃は、たとえ声だけであっても暴行罪として告発される可能性もあります。そうなれば、今後の抗議を続けることが難しくなる恐れもあります)
※6月に入ってから、スピーチをするのではなく、ひたすら「再稼働反対、原発いらない、いますぐ廃炉」を繰り返しコールする形を採っています。ご要望があればスピーチの時間をとりたいと思います。
※スピーチに際しては、次の各項につきご理解・ご協力をお願いいたします。
 1.一人あたり 「3分程度」 でお願いします。
 2.反原発・脱原発テーマに関係のないテーマでのスピーチはご遠慮ください。
 3.特定の団体のアピールにつながるスピーチはご遠慮ください。あくまで独立した一市民としてアピールをお願いします。
 4.上記に沿わない内容であると判断した場合、中断をお願いすることもあります。あらかじめご了承ください。
 5.イベントの告知等は最後に10分程設けますので、そこでお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

@TwitNoNukesOsk
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。