スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.14 大阪・関西電力本店前 原発反対抗議行動

【9月14日 関西電力本店前抗議】

日時:9月14日(金)
時間:18:00-19:30
場所:
  
<大阪> 関西電力本店前
大阪府‎ 大阪市北区中之島3丁目6−16
 地図 → https://twitter.com/TwitNoNukesNARA/status/220831791425134592/photo/1/large

呼びかけ:TwitNoNukes大阪 有志一同

9.14 原発に反対する関電本店前抗議行動にご賛同の方は、次のボタンをクリックして、情報を拡散して下さい!!
↓↓↓





全国津々浦々、10万、20万、100万、1000万、1億の人の波で脱原発を実現しましょう!



9月14日(金)18時から19時半まで関西電力本店前で原発の再稼働に反対する抗議行動を行います。
同日同時刻、東京・首相官邸前をはじめ、全国各地で抗議が行われる予定です!

是非、多くの皆様のご参加をお願いします!
また、この抗議行動の情報を拡散する為に、緊急拡散ツイートキャンペーンに皆様のご協力をお願いします!

★今後も引き続き大人数で集まって真摯に抗議し続けるために、
次の事項についてご理解とご協力をお願い致します★


旗やのぼり、プラカード等に関しては、別途ガイドラインをご覧いただき、ご理解・ご協力をお願い致します。
 → http://twitnonukesosaka.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
※ 関電ビル付近にはマンションや店舗があり、抗議時間帯が夕食の時間に重なることに配慮し、抗議行動は19時半で終了します。どうかご了承ください。周りの方々も含め大多数の市民の意思を脱原発へと収斂することによってのみ、脱原発は実現へと向かうでしょう。
※ 抗議を行う場所は、関電ビルの敷地内の歩道で、その横は高速道路への連絡通路となっているため車が頻繁に通ります。車道側の路側帯に立つと抗議に参加される以外の通行者が車道にはみ出すこととなり危険ですので、できるだけ一段上の歩道(関電敷地内)に上がって抗議にご参加ください。
安全確保のため、TwitNoNukes大阪有志の呼びかけによる抗議行動では、次の図「関電周辺図+抗議ブロック図」に黄線で示すように公道側に通路を作り、歩道上には人がすれ違える程度の通路を確保するよう誘導させていただきますので、抗議にご参加の方はこちらを行き来するよう、ご協力下さい。みんなでみんなの安全を守りましょう!
 ↓↓↓
http://blog-imgs-56.fc2.com/t/w/i/twitnonukesosaka/_3.jpg

また、抗議にご参加の皆さんには、できるだけ均一に各エリアに分散してご参加いただきたく考えております。
お子様の安全確保のため、ファミリーゾーンを設けたく考えております。(ファミリーゾーンの位置は適宜変更する可能性がありますので、スタッフにお問い合わせ下さい)
関西電力本社ビルから出てこられる方々は、全員が関電グループの従業員ではなく、抗議者と同じくそれぞれ一人の市民でもあります。罵声を浴びせるのではなく、抗議に加わり共に声をあげるよう促し、できれば一緒に闘おう!と声をかけませんか?
※ 6月から、スピーチをするのではなく、ひたすら「再稼働反対、原発いらない、いますぐ廃炉」などのコールを肉声中心で繰り返す形を採っています。
近隣の住民や店舗に配慮して、できるだけ拡声器はアナウンスのみに用いたく考えています。
また、ジャンベなど大きな太鼓の音も、ビルに反響してしまい、周辺からは騒音とみなされてしまうので、控えていただいています。 しかし!コールにリズムは大切なので、小さな太鼓やマラカスやシェイカー、カスタネットなど、遠くへ響きすぎないリズム楽器をご持参くだされば幸いです。
※ 天候が不安定になり、いきなり雨になることがあります。傘は他の参加者との接触する危険がありますので、できるだけ雨合羽やレインウェアをご持参下さい。

ご要望があれば終了間際19:25頃に、拡声器を用いた告知の時間をとりますので、7時頃までに誘導灯を持っているか、「STAFF」腕章をつけたスタッフにお声かけ下さい。希望者が多い場合には先着順または告知内容をスタッフが伺い、手短かにスタッフから告知することとさせていただきます。(場所の制約上、7時40分までには解散したく考えております)
 スピーチに際しては、次の各項につきご理解・ご協力をお願いいたします。
 1.一人あたり 「30秒から1分以内」 でお願いします。(時間に関しては公平性の視点から厳格に運用させて頂きます)
 2.反原発・脱原発に関係のないテーマでの告知はご遠慮ください。
 3.上記に沿わない内容であると判断した場合、中断をお願いすることもあります。あらかじめご了承ください。

*********************************
<呼びかけ文>
5月5日の泊原発の停止から続いた「原発ゼロ」は7月1日の大飯原発3号機の再稼働により56日間で終わりました。しかしそれは「原発は危なすぎるばかりで実は全く必要なかった」ことを露呈させるには十分でした。
野田政権は世論の8割に達する原発反対の声を無視し、一部の者の利益のために大飯原発3、4号機の再稼動を決定しましたが、福島第一原発事故の教訓も取り入れない出鱈目で拙速なプロセスで進められ、関西電力自身が打ち出した安全対策すらいまだに不完全なままです。

また、強い権限をもち、5年間も首相ですら変更できない原子力規制委員会の人事案として、原子力政策の推進に深く関わってきた人物を候補として提示し、パブリックコメントや公開聴取会で、国民の絶対的大多数が原発をなくしたいという意思表示をしているのにも関わらず、また、人事案に対して強い疑問と反対の声があるのにも関わらず、大飯原発の再稼働のときと同様に首相の「政治判断」によってこれを強行しようとしています。

また、野田首相が首都圏反原発連合の代表と面会し、原発をやめるよう求める市民に対し、官僚の書いた作文を読み上げる国会答弁のような口上を述べました。

どこまで国民を馬鹿にするつもりなのでしょうか。
なめられるにも程があります。
私たちが全く諦めていないことを、野田政権と、原子力村に住み続けようとする勢力に対して突きつけましょう!

首都圏反原発連合が3月29日から毎週行ってきた東京・霞ヶ関での抗議行動では、
当初300名程度だった参加者が、1000人→2700人→4000人→11000人⇒45,000人→200,000人!!と、回を追うごとに劇的に増加しています。いったん減少してはいますが、それでも5万もの人々が、毎週金曜日の夜に霞ヶ関を埋め尽くしています。

関西電力本店前でも、3月19日からわずか5人で4月から開始した抗議行動が、100人、300人、6/1には1000人を超え、6/8、6/15には悪天候にもかかわらず500名ほど、22日には1500超、そして6月29日にはおよそ2200、7/6には2700、7/13には雨のなか1100、7/20以降は毎週金曜にほぼ2000名を超える人々が、再稼働反対、原発いらないと声を上げに集まっています。また、同日・同時刻に、全国の電力会社や行政機関の前で、市民による自発的な同時多発的抗議行動が行われています。既に潮流は生まれ、徐々に、確実に強さを増しています。しかし、まだまだ足りません。「原発いらない」という意思表示をする市民が社会の大多数にならなければ、目の前の脅威は消滅への兆候すら見えないのです。

しぶとく、冷徹に、熱さをたぎらせながら、抗議し続けましょう!
共に、未来をつくりましょう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

@TwitNoNukesOsk
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。