スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の3.11

【 2度目の3.11 】

 2011年3月11日の東日本大震災と原発事故から、早くも2年が経ちました。
 震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様に対し、心からお悔やみを申し上げます。
 また、復興に取り組まれている被災地の方々、そして、福島など原発事故の被災地から避難されている方々、あるいは原発事故処理にあたっておられる作業員の方々、等々、全ての人々が一刻も早く平穏かつ健康な生活を手にされるよう、お祈りしております。

 震災のショックは甚大でした。そして、絶対にあってはならないものであった原発事故も、危機を見守った人間にとって、凄まじい出来事でした。その後、自ずから明らかにされてきた政府や原子力業界の対応や、原発の裏側の事情もまた、極めて深刻な課題を私たち市民に突きつけました。これは世界各国の市民にとっても同様だったようです。

 私たちTwit No Nukes大阪は、主にツイッターを通じて、職業も政治的信条も趣味もばらばらな個人が集まり、原発はいらない、そのためにとにかく行動を起こしたいという気持ちから、街頭デモや、毎週金曜の夜の関西電力本店前での抗議行動を2012年3月から続けてきました。このブログをご覧の方々の中にも、金曜夜に関電本店前で共に声を上げ続け、また、街頭デモで共に歩いてきた方々がたくさんいらっしゃると思います。

 私たちのこの約1年間の活動を特徴づけるとすれば、とにかく参加の敷居を下げることに徹底してこだわってきたことです。
 原子力政策は、何十年もかけて国策として続けられ、様々な利権構造にがんじがらめにされた体制がつくられてきました。国民の大多数が、「原発はいらない」という意思をはっきりと示し、動かなければ、この強固な構造を突き動かし、変革する力にはなりません。
 しかし一方で、社会・政治運動を特殊な人たちがやるものだという一種の偏見と、自ら動くことをしない風潮が日本社会に行き渡ってしまいました。そして残念なことに、反原発運動は長らく、そうした社会・政治運動の一つであり続けてきました。あまりに多くの人が、これを自分と深く関わりのある問題として捉えてはこなかったのです。この状態を覆すことは容易ではありません。
 私たちは、このような現状認識を常に持ちながら、関電本店前の抗議や、不定期の街頭デモを企画してきました。
 より多くの人の賛同を得て、また、一緒に声を上げてもらえるようになるにはどうすれば良いのか。決して、一部の特殊な人たちが、警察にエスコートされて歩いているのではないと、私たちが声を上げている理由が、まさに無関心を決め込む人にとっても重要な問題なのだとわかってもらうにはどうすれば良いのか、初参加の人にとってもすんなりと入りこめる、多様な個人が集まれる場所・機会にするには…等々。
 その結果として、団体の旗をかかげることを遠慮してもらったり、スピーチを無くしてシュプレヒコールを連呼し続ける形にしたり、隔週開催にしたり、時間をずらしたり、色々と試行錯誤を続けてきました。望まぬ軋轢が生じることもありました。

 金曜夜の関電本店前の抗議参加者が最も多く集まったのは、昨年の6月末、ちょうど大飯原発が再稼動されようという直前でした。最も多いときで、3千人を越えました。そして、隔週開催にした今も、毎回、凍てつく寒さにも関わらず、平均して3百人から5百人ほどの人々が再稼働反対を叫び続けています。これは本当にすごいことだと思います。
 一昨日3/9、昨日3/10には、大阪、東京はじめ、日本全国、そして世界各地で、原発反対の抗議行動、街頭デモ、集会が催され、欧州や台湾では数十万人が参加し、日本でも東京日比谷〜霞ヶ関には4万人もの人々が集まりました。3月11日が、日本はもちろん、世界にとって、原発事故を二度と起こさない、原発をやめよう、という意思表示をするのに最も相応しい日になっているということです。ですから、これからも、日本の反原発運動は日本だけでなくアジア、世界にとっても、極めて重要であり続けます。

 原発のない未来を実現するために何が必要なのか、どうすれば、ここに来ていない多くの人が、私たちと一緒になって声を上げ、行動できるようになるのか、そのために、今の運動の形は適切なのか、冷徹に、しぶとく、めげず、暖かさを失わず、内向きにならず、常に自らを見つめ直しながら、反原発を、国民的な大運動にしていきましょう!共に、連帯し、続けていきましょう!

今月22日にも、関電本店前で抗議します。
そして今月30日には、大阪のミナミでデモを企画しています。
詳細は、このブログやツイッターで告知させていただきます。
ぜひご参加下さい!

UNITED! WE STAND!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

@TwitNoNukesOsk
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。